>>Dr.しんのこどもクリニックトップページ

こんにちは! 院長の『しん』です。
当医院は2000年6月、大阪府豊中市服部に開業した小児科医院です。
子供の病気を治すのは、こども自身の『体力』と、ご両親の『愛情』です。
クスリや私たちは、その手助けをしているのに過ぎません。
【Dr.しんのこどもクリニック】は、小児科・アレルギー科として地域に
密着した小児医療サービスや医療に関する情報を提供し、子どものことを思う
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、皆に信頼され、
一緒にこども達を健康にする小児科医院を目指していきます。

 

お知らせ


2016年4月“小児かかりつけ医診療制度”が新設されます。
医療機関の重複受診を防ぎ、医療費の無駄遣いを減らすことが 目的です。
当院を継続して受診され、同意・登録された達に「小児科かかりつけ医」として、次のような診療を行います。
(原則3歳未満のお子さん→就学前)
★急な病気の際の診療や、慢性疾患の指導管理を行います。
★発達段階に応じた助言・指導を行い、健康相談に応じます。
★予防接種の接種状況を確認し、接種の時期についての指導を 行います。
   また予防接種の有効性・安全性に関する情報提供を行います。
★電話による問い合わせ・相談にも可能な限り対応します(医師在院中)。

 

Dr.しんのこどもクリニックのfacebookのページを開設しました。
日々の診察室での出来事などを、発信していきます。

 

診察日程

★水曜日の14:30~16:30に『ワクチン・乳児健診の専門時間帯』を設けています。
  事前のご予約が必要ですので窓口にお申し出ください。
  今までどおり、他の診察時間でもワクチン接種・乳児健診は施行しています。


10月1日よりインフルエンザワクチンを開始します。

●  6ヶ月~3歳   0.25cc × 2回 (2~4週間隔)
●  3歳~13歳    0.5cc  × 2回 (2~4週間隔)
●  13歳~       0.5cc  × 1回
(例年1回または2回接種ですが、今シーズンは1回 の指導が来ています。)
(ワクチン予約は不要ですが、受診予約は必要です。)
ワクチンメーカーと強く折衝しましたが、現時点での当院割り当て納入量は
昨年接種の8割~8.5割程度、12月まで少量ずつの納入となります。
引き続き交渉は続けていきますが、今シーズンの接種は 『かかりつけ』の
こども達を優先させていただきますことをご了承ください。
また、例年一緒に接種するお父さん・お母さんにつきましては、
『12月以降』のワクチンの在庫状況により、可能であれば接種させて

いただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

平成28年10月よりB型肝炎ワクチンが定期接種になりました。

★ 対象は平成28年4月以降に出生した児です。
生後2ヶ月より接種開始、4週後に2回目、初回接種より140日以降に3回目。
(標準は2ヶ月より開始し、8ヶ月に終了)

平成26年10月より水痘ワクチンが、定期接種になっています。

★ 1歳~3歳の2回接種です。
推奨期間は ① 生後12ヶ月~生後15ヶ月
⇒② 6ヶ月~12ヶ月後(最短3ヶ月)

★子宮頸がんワクチンは、現在、積極的勧奨は中止になっています。
(ご希望の方には接種可能です。)

感染症の疑われるお子さんは受診時に受付に申し出てください。
隔離室でのお待ちになります。

予防接種が次々に開始されたり、接種方法が変更になり、より複雑になっています。
弊院WEBサイトの予防接種欄をご覧ください。
接種スケジュール・詳細は、診察時間内にご相談ください。

Dr.しんのこどもクリニック 院長


Copyright© Dr.shin pediatrics. All Rights Reserved.